FC2ブログ
趣味と散策

2018/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018/12

神子の里
神子の里

神子原米
神子原米

神子原(みこはら)
石川県羽咋市神子原町は190 TEL:0767-26-3580 神子の里
神子の里は、氷見市と羽咋市の中間に位置する山間地の神子原にあります。

神子原(みこはら)は
以前はへき地・過疎地でしたが、羽咋市が熱心に何年もかけて、地元に光があたるように様々な施策を講じました。
この「神子の里」の建設もその施策の一つで、地元農家だけで運営しています。

神子原米は、毎年ローマ法王に献上しているので、法王米とも呼ばれています。
粘土質の山間地で作るため、神子原米は大変おいしいと評判です。また天日で乾燥する「はざかけ米」です。
収穫量は限られ、1キロ6700円と安くはありませんが、毎年すぐに売り切れます。

この神子の里では、地元で採れた野菜や産物を販売しています。
神子原米で作ったおにぎりなども販売しており、これもまた大変おいしく、すぐに売り切れになります。
一度のぞいてみてはいかがでしょうか。
新湊大橋の供用開始

新湊大橋

富山県射水市の富山新港で整備を進めてきた新湊大橋の開通式典は、2012年9月23日、同市の海王丸パークで開かれ、一般車両の供用が始まりました。

新湊大橋は全長600mの日本海側最大級の斜張橋(港の上をまたぐ橋です。下を大きな船が通るので、高さ125mもある鉄塔を建て、ロープのような鉄筋を斜めに下ろして海面から50mもある道路を上からつっています。)で、臨港道路富山新港東西線(延長約3.6km、2車線)の一部として2002年度に着工しました。
総事業費は485億円との事です。

9月24日の午前中に、私も車でこの新湊大橋を渡りました。
車は意外と多く、渡るのに時間がかかるかな、と思いましたが、実際はスムーズに渡れました。

景色は抜群で、下を見るとやはり怖いくらいでした。
(ある人に言わせると、空を飛んでる感じがするらしいです。)
橋は片側1車線なので、途中で車を止めて景色を楽しむ訳にはいきませんでした。
富山湾と、晴れた日には海の向こうに立山連峰が望めます。

射水市には、シロエビや紅ズワイガニ、イカの黒づくりなど全国に知られた名物があります。
『人が動けば、それに呼応してお金も動く』と言われます。
この大橋を観光資源として活用し、全国の人を呼び込んでもらえれば良い、と思う者です。

健宝の湯

健宝の湯

健宝の湯(けんぽうのゆ)小杉店
平日10:00~24:00/土日祝9:00~24:00
富山県射水市鷲塚72番1 TEL:0766-55-2277

射水市小杉は、氷見から車で約30分ですが、今回初めて小杉の町中に立地する『健宝の湯』へ行ってきました。
場所は国道44号線(旧国道8号線)沿いで、高岡と富山の中間地点の、小杉の市街地のほぼ真ん中に立地しています。


260台の駐車場があり、走っている車からもよく見え、意外と入りやすかったです。
建物の外観は、寝殿造りのようです。

館内に入ると、まず靴を脱ぎ、受付で下足箱のキーを提出します。
替わりにロッカーキーと浴衣を貰います。勘定はすべて退店時ですので、これでOKです。
入館料金は会員1000円、一般1300円ですが、入会金300円で永久会員になれるので、実質は初回のみ1300円と言うことです。
料金はちょっと高めだな、と思いつつ入りましたが、退官時には結果的には納得でした。


1.まず色々と割り引きがあり、会員なら普段でも、実質800円で入館可能です。

2.14種類の風呂(天空の露天風呂、壺湯、檜湯、寝ころび湯、サウナ、漢方のスチームサウナ他)があり、設備も新しく、館内もキレイでした。

3.追加料金で、岩盤浴や韓国式のあかすり、整体やマッサージができます。

4.豪華な部屋で、食事や飲酒(宿泊は不可なので、代行運転で帰宅するしかない)もできます。

5.休憩場所も完備しています。


総評

湯は温泉ではないのが、ちょっと残念でしたが、800~1000円で、ちょっと贅沢な気分で、リラックスできるのは大変に良い。館内も清潔でキレイでした。

従業員も若くて、きびきびしており、態度も良かった。

休憩室もあり、籐の枕も備え付けてあった。(一般的には、休憩室はあるが、枕まで備えてある施設はほとんど皆無で、休もうと思っても気軽に休めないところがほとんどです。)

今回は、初回だったので、勝手もわからず、とまどいもありましたが、それでも比較的にゆっくりと休めました。
時間があれば、再度行きたい施設でした。
画像 281

画像 280

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」が6月3日、高岡市の伏木港に寄港しました。
北陸では初入港で、市民が艦艇を見学しました。

「ひゅうが」は護衛艦最大の全長197mで、艦首から艦尾まで延びる甲板を持っており、最多で4機のヘリコプターを同時に発着させることができるそうです。

見学者は航空機用の昇降機に乗り、格納庫から甲板に移動、皆、その広さに歓声を上げていました。


起工日:2006年5月11日
浸水日:2007年8月23日
就役日:2009年3月18日

基準排水量…13,500t
全長…197m
全幅…33m
高さ…48m
機関…ガスタービン×4基 100,000馬力
速力…30kt(55km/h)
乗員…約360名

就役してまだ3年足らずの、新しい護衛艦(軍艦)です。
母港は舞鶴港だとのことです。建造費も莫大な金額だと思いますが、乗員が約360名で、乗員の給料も大変な金額だと思いました。


国防の為に、国民の税金で支えているので、しっかりと国民の期待以上の働きをして欲しいものです。
また防衛大臣には、確固たる信念と知識、知恵を持った人になってほしいものです。


最近、伏木港には旅客船や商船など、大型の艦船の寄港も増えており、明日の日本海時代を切り開く、一助であってほしいものです。

道の駅 新湊
富山県射水市鏡宮296 TEL:0766-83-0111 FAX:0766-83-0111

 国道8号線の幹線道路沿いにあり、よく昼食を食べに行った所です。大食堂では白エビのかき揚げうどんが美味しかったです。大食堂の奧にまた別にレストランがあり、白エビ膳や新湊膳他の別メニューがあります。雰囲気も味も良く、また行きたい場所です。

レストラン

メニュー

道の駅 新湊にはその他「白エビバーガー」「白エビかき揚げ丼」「白エビソフトクリーム」も販売しています。併設の物産コーナーもあります。


白エビは今の季節、庄川の河口付近の新湊沖で、富山湾が急に深くなる所が漁場です。以前は日持ちしなかったので、ダシだけ取って身は捨てていたらしいのですが、近年の加工技術の発達で日持ちするようになった、と聞いています。


先日、家内が「白エビの押し寿司が食べたい」と言ったので、「道の駅」や「きっときと市場」を尋ねたのですが、『押し寿司』だけは売っていませんでした。新湊の街中には売っているらしいのですが、探す時間がなかったので、その日は帰宅しました。


探した所、氷見と富山でネットで売っているところがありました。
ソウザイヤタツミ 氷見市窪2050-1 TEL:0766-91-3875 FAX:0766-91-3875
鱒の寿司の寿々屋 富山市

越の庭

『天然温泉 越乃庭』は、氷見市との境界に近い高岡市の雨晴海岸・国分浜に位置しサウナ、露天風呂や岩盤浴も楽しめます。気分転換や休憩にも最高です。駐車場も広く、潮の香の漂う立地です。
天気が良ければ、富山湾沿いに「立山連峰」がそびえています。


館内の全ての水は、地下から汲み上げた天然ものです。成分は温泉成分のメタ珪酸を豊富に含んでおり、肌に良く大変温まり、飲むと胃腸に良いと言われています。


富山湾を一望できるローケーションも素敵です。立山連峰を見ながら、露天風呂にも入れます。また湯上がりにはご飯を食べて、マッサージやエステで癒されると、日頃のストレスも吹っ飛びます。半日は、ゴロゴロしたい温泉です。


設備も新しく、宴会や宿泊もできます。お勧めの施設です。


食事メニーには、カレー、うどん、ラーメン、日替わり定食、さしみ定食他あり。


朝風呂は午前6~8時 520円 天気の良い日は、立山連峰からの日の出が見られます。先着の場合、茹で卵がもらえます。

越の庭


入浴料 620円  平日 午前10時~午後11時30分  日曜日 午前6時~午後11時30分
岩盤浴コース  1300円(入浴+岩盤浴)
素泊まり    2500円
宴会      2940~6615円(入浴・お食事・部屋代込み)

【整体】整体コース/マッサージコース  【エステサロン】種々のコースあり

所在地 〒933-0101 富山県高岡市伏木国分2-5-25
お問い合わせ TEL:0766-44-7739 FAX:0766-44-6939
 氷見市は周囲を海と山に囲まれ、人口は約5万1千人で富山県の北西部に位置しています。産業は漁業と農業、近年では観光業に特に力を入れています。


昔から氷見で獲れる『氷見鰤(ぶり)』や『氷見鰯(いわし)』は有名ですが、現在では『氷見うどん』や『氷見牛』なども有名になり市外・県外などからもグルメ目当てのお客様が結構増えています。


氷見には民宿の数は結構ありますが、概して当たり外れは少ないようです。
設備投資をすれば、当然宿泊費に影響しますし、設備投資を極力押さえて、その分ご馳走でお返しすると言うパターンをとる民宿もあるようです。ご予算に応じてお選びいただければ良いかと存じます。


個人・ご家族の場合は、楽天やヤフー他でご予約されると割安になると思います。また送迎している宿もありますので、事前にお問い合わせください。


ホテル・民宿を問わず、ご予約時にどんな料理がご希望なのかをハッキリ言っていただければ、ご期待に沿える場合もあります。是非ご希望を事前に話してほしいと思います。(例えば冬場ならば、ブリしゃぶも入れて欲しい、夏場ならば、地場のマグロの刺身も入れて欲しい、またシロエビの天ぷらや刺身も食べたい、ホタルイカも食べたい等々)


1.大型ホテル
ご予算のお有りの方向けです。料理もサービスも間違いありません。

展望も良く、湯は温泉です。最近では氷見の顔の感があります。
露天風呂からの日の出は絶景です。催しにもよく利用されているようです。

うみあかり 氷見市宇波10-1 TEL:0766-74-2211


女将の平田さんが、長年続けれらていた「氷見温泉永芳閣女将と板前のおいしい日記」は日本ブログ大賞ビジネス大賞受賞!の栄誉に輝きました。ホテルから見る、富山湾と立山連邦の眺めは絶景です。

永芳閣 氷見市阿尾3257 TEL:0766-74-0700
 

2.ホテル・民宿

露天風呂やサウナもあり、リーズナブルな料金です。
設備も新しくお勧めです。市内からは多少離れていますが、その分ゆったりと落ち着ける環境・立地です。食事も美味しく、また気の合う仲間との宴会やこっそり秘密の会合にも最適です。

ひみのはな 氷見市姿400 TEL:0766-79-1324 FAX:0766-79-1325


長年サラリーマンをされていた店主が、念願叶って開業された民宿です。
設備も新しく、心地良い気持ちにさせてくれます。
展望も料理もサービスも間違いありません。

氷見っ子 氷見市阿尾45 TEL:0766-74-0007 FAX:0766-74-1221


食通もうならせる程の腕前を持つ親子の板前さんによる経営の民宿です。
料金もリーズナブルでお勧めです。眺めも最高です。心遣い・気遣いのよく行き届いた民宿です。

氷見市宇波5018-4 TEL:0766-72-2200


氷見の老舗のビジネスホテルです。
人柄の良い若夫婦の造る御膳が目当ての常連さんも多く、朝夕の食事付きがお勧めです。
(口の悪いバアさんのご愛想は笑って酒の摘まみにしてください)正直、料理は美味しいです。
ビジネスホテルですが、実際は割烹ホテルといったところ。お勧めです。
市内立地ですが、徒歩3分で海岸に出ますので、早朝の散歩も爽快です。

氷見市本町17-19 TEL:0766-72-3000


あと評判の良いところですが、
昨年(平成22年)に新築開店・リニューアルの温泉民宿 あおまさ TEL:0766-91-5157
氷見市窪3203-1 もお勧めです。氷見の海岸線立地なので、潮の香も爽やか民宿、といった所でしょうか?
画像 126

富山新港に面した片口緑地公園に、高さ約15mの高純度アルミ製の新湊弁財天の像が静かに立っています。毎年4月21日に、新湊弁財天前で富山新港の開港記念日祈願祭が営まれます。


新湊弁財天がこの地に建立されたのは1986(昭和61)年。地域住民がこの弁財天を安全の心のよりどころとする根源は江戸時代にさかのぼります。


片口の郷土史によると、江戸時代、片口地区の潟周辺の水郷地域で、潟の泥を掘り上げる作業中、落命する人がたびたびありました。


このため1767(明和4)年、放生津潟の中心に、現在の高岡市太田(以前は氷見郡)から岩や石を運んで築島を設け、潟周辺の27カ村の惣社として海童社を建て、住民らは平安を祈願しました。


海童社は明治時代に少童社と改称、1967年に富山新港造成の影響により片口に移りました。その後、老朽化した社殿は撤去され、86年に現在の新湊弁財天が建立された歴史があります。


弁財天の姿は神々しく、琵琶を手に陽光を浴びてキラキラと輝く像は畏敬の念を持って見上げてしまいます。
朝の新湊大橋
2010年11月7日、朝8時頃の新湊大橋。

fushiki_map1.gif
fushiki_map2.gif


斜張橋としては日本海側最大です。

一番 多田羅大橋 主塔間 890m 広島県・愛媛県
二番 新湊大橋  主塔間 600m 新湊大橋
三番 名港中央大橋 主塔間 590m 愛知県

以上、日本で二番目の長さです。

主塔上部は高さ127m。

新湊大橋の総事業費は、約410億円。(日本海側最大級の斜張橋)

主橋梁部の長さは600m、主径間は360m
桁下空間(海面よりの高さ)127m。

2車線の車道階と、その下の自転車歩行者道の2階建て構造。

2002年(平成14年着工)で、2012年度(平成24年)の完成を目指している。

2010年10月25日に橋の両側が海上で繋がりました。


画像 114

オレンジ色の船は、富山県営渡船です。新湊大橋が開通すると、廃船になる予定です。


現在の富山新港付近は、以前は越の潟(放生津潟)と言って、この新湊大橋の辺りには万葉線電車が走って
いました。
潟の真ん中辺りには、弁天様を祀った小島(弁天島)があり、付近はデートコースにもなっており、釣りを
楽しむ人や、夏には貸し切りボートに乗って寛いだりする人も大勢あり、最良のいこい場でした。

新湊大橋が完成すると、海王丸パークと堀岡側のヨットハーバー繋がり、新たなる発展・交流が期待されます。
橋の向こう側は、立山連峰です。

画像 129

2010年8月28日午後 工事中の新湊大橋。

橋の向こうは富山湾です。工事費用は総額410億円だそうです。


大橋の橋桁を真下から見上げることのできる場所へ行って見上げると、その大きさには正直圧倒されました。
また内心どこか謙虚になってしまいました。そしてある思いが脳裏を横切りました。


『これまでの自分の人生は一体何だったのだろう?』と。
これまで私は、あまり野望・欲望も持たずに、ただ家業を守る事だけを考えて、必死に生きてきたつもりです。
しかしこの時、己の了見の狭さが分かり、それと同時に惨めな思いが、心底から沸き上がりました。


人間が生きていくためには、食物のほかに、教育、信念、宗教、哲学や野望も必要なのだ、と。
私は、これまでは多少恵まれていたために、この事に気づきませんでした。そして、この年になってやっとそれを実感出来たのだ、という事が分かったような気がしました。