FC2ブログ
趣味と散策

2010/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2010/12

癌は手遅れにならなければ、治る病だと聞いています。
現在ではセカンドオピニオンもあります。(今後の有望な治療方法だそうです。NHKでも放送していました。)
また放射線治療や抗ガン剤も日々進歩しています。


私の治療も中原氏と同じ超選択的動注化学・放射線併用療法でした。
この治療方法は、かなりの高額な医療設備が必要と思われますので、万が一の場合、そこで可能なのかどうか、医師に尋ねられられる事をお勧めします。私の場合はすべての治療は保険適用だったので本当に助かりました。


放射線治療は治療後に味覚が変化(口の中が酸っぱくなります。年月が経てば除除によくなります)したり、唾液が出にくくなったり、また呼吸しにくくなったりする副作用の出る場合があります。私もそうで後遺症は今でも少しあります。しかし徐々に馴れて日々良くなっているように感じています。


また抗ガン剤治療では、食欲減退・抜け毛・目眩等の副作用がでる場合があると聞きています。
副作用は人によって違うので、一概にも言えないとの事です。
医師は患者さんと相談して、その人に合った治療方法を決めるようです。


私の治療は放射線照射治療36回(一週間に5回、一回約1分)、抗ガン剤の服用(朝晩2回の服用、2週続けて1週休みの繰り返し)、動注治療は4回(1週間ごと)でした。その間もペットや血液検査他色々とありました。

舌癌にならないためには以下のことが大切です。(私を反面教師としてください)


1.過度の飲酒は慎む、喫煙しない。(喫煙は百害あって一利なし。口腔癌の最大原因だと言われています。)
2.ストレスをため込まない。(過度の飲酒や喫煙の原因です。精神的にも強くなりましょう。)
3.適度な運動と偏らない食事。
4.虫歯は直ちに治療する。(虫歯と舌が長期に接すると舌癌の原因になると言われています。)
5.歯磨きを励行し、口内を清潔に保つ(口内の雑菌が増えると舌癌になり易いと言われています。)
6.刺激的な味覚の食品はなるべく控える(スパイスを効かすインドや、キムチを愛用する隣の韓国は舌癌の
  発生率が日本と比べてかなり高いと言うデーターがあります。)


一般的な常識ばかりです。実は私は上記とは全く逆の事をしていましたので、病魔に襲われたのだと思います。また年齢的にも50代後半からが要注意の年齢です。この年なると、これまでの無理や疲れが表に出やすくなる言われています。また風邪をひいたり体調を崩したりした時など、油断すると大事に至る場合もありますので、そのような場合も気をつけましょう。


長期の入院中に、多くの患者さんと話す機会がありました。ほぼ全員が長期の喫煙者で、皆さん(当然私も含みます)自分で「自業自得だ!」と言って笑いました。禁煙は中々難しいと思います。私も病気になって、やっと禁煙できましたが、禁煙後は『息切れしなくなった』『物がはっきりと見えるようになった』など良い事ばかりです。


私の病気の主因は、恐らくは長期の喫煙です。喫煙されている方は、一日も早い禁煙をお勧めします。
私の治療方法も横浜の中原さんと同じ超選択的動注化学・放射線併用療法(動注)でした。しかし、一般的には富大病院でも切除治療を採用している、との事でした。

私は癌だと分かってからでも、約3ケ月病院へ行かなかったので、その間に悪い物が舌全体に広がり、逆に切除できなかったらしいのです。(切除だと舌全部が無くなっていたかも知れません)今となっては、不幸中の幸いだったと言うべきか、正直迷う所です。しかし動注治療が可能な病院でした。

一部切除の治療の場合でも程度にもよりますが、最低でも1ケ月の入院が必要らしいです。また少しでも舌を切除すると、舌は約3倍以上の厚さに膨れて、約1週間は絶対安静となり、食事もとれなくなり、その間は鼻から胃へ管(チューブ)を入れての流動食となるらしいです。そうなればもちろん、トイレへも自分では行けません。(看護師さんのお世話になります。)

私の治療方法は切除はしませんでしたが、代わりに約2ケ月半の長期の入院が必要でした。
時間はかかりましたが、切らずに済んだ治療で本当に良かった、とそう思っています。
どちらにしても傷痕は残りますが、やはり切らない方がよいに決まっています。

朝の新湊大橋
2010年11月7日、朝8時頃の新湊大橋。

fushiki_map1.gif
fushiki_map2.gif


斜張橋としては日本海側最大です。

一番 多田羅大橋 主塔間 890m 広島県・愛媛県
二番 新湊大橋  主塔間 600m 新湊大橋
三番 名港中央大橋 主塔間 590m 愛知県

以上、日本で二番目の長さです。

主塔上部は高さ127m。

新湊大橋の総事業費は、約410億円。(日本海側最大級の斜張橋)

主橋梁部の長さは600m、主径間は360m
桁下空間(海面よりの高さ)127m。

2車線の車道階と、その下の自転車歩行者道の2階建て構造。

2002年(平成14年着工)で、2012年度(平成24年)の完成を目指している。

2010年10月25日に橋の両側が海上で繋がりました。


画像 114

オレンジ色の船は、富山県営渡船です。新湊大橋が開通すると、廃船になる予定です。


現在の富山新港付近は、以前は越の潟(放生津潟)と言って、この新湊大橋の辺りには万葉線電車が走って
いました。
潟の真ん中辺りには、弁天様を祀った小島(弁天島)があり、付近はデートコースにもなっており、釣りを
楽しむ人や、夏には貸し切りボートに乗って寛いだりする人も大勢あり、最良のいこい場でした。

新湊大橋が完成すると、海王丸パークと堀岡側のヨットハーバー繋がり、新たなる発展・交流が期待されます。
橋の向こう側は、立山連峰です。

画像 129

2010年8月28日午後 工事中の新湊大橋。

橋の向こうは富山湾です。工事費用は総額410億円だそうです。


大橋の橋桁を真下から見上げることのできる場所へ行って見上げると、その大きさには正直圧倒されました。
また内心どこか謙虚になってしまいました。そしてある思いが脳裏を横切りました。


『これまでの自分の人生は一体何だったのだろう?』と。
これまで私は、あまり野望・欲望も持たずに、ただ家業を守る事だけを考えて、必死に生きてきたつもりです。
しかしこの時、己の了見の狭さが分かり、それと同時に惨めな思いが、心底から沸き上がりました。


人間が生きていくためには、食物のほかに、教育、信念、宗教、哲学や野望も必要なのだ、と。
私は、これまでは多少恵まれていたために、この事に気づきませんでした。そして、この年になってやっとそれを実感出来たのだ、という事が分かったような気がしました。