趣味と散策

2010/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2011/01

おもしろいビデオがあります。ユーチューブです。

http://www.youtube.com/watch?v=jCF6U1rqgr4
1983年 日本シリーズ第6戦 金森 江川からサヨナラヒット


このビデオの中で、解説者の江夏豊氏は言っておられます。「金森は他の西武の選手とは異色で、派手さはないが黙々と練習するタイプです」と。

後日、栄治氏本人も「この時のさよならヒットは、その後の、私の野球人生を変えた」と。

栄治氏の西武時代に、本人から聞いた話ですが、「毎日素振り3000回、ランニング10kmが毎日のトレーニングで、休むのは元旦の日だけ、プロの選手なら、試合があってもなくても、毎日毎日が勝負で、ぎびしい世界です」と言われました。
一般人の私は吃驚しました。


この時の日本シリーズは、結果的に西武は4勝3敗で優勝しました。
この後、広岡監督は栄治氏をレギュラーのレフトで使ってくださいました。
数年後に広岡監督が西武球団を引退するに際して、個人的に栄治氏に「クラウン」を進呈されたそうです。
栄治氏はその「クラウン」を石川県庁に寄付されたそうです。

独自の選手育成論を語る金森氏(金沢市橋場町の金城楼)

基礎固めをとことん重視 北國新聞政経懇話会の12月例会(富山・北國新聞社主催)は20日、金沢市橋場町の金城楼で開かれ、千葉ロッテマリーンズ1軍打撃兼野手チーフコーチの金森栄治氏(石川ミリオンスターズ初代監督)が講演した。金森氏はチームが日本一の栄冠を手にした今シーズンを振り返りながら、基礎固めをとことん重視する独自の選手育成論を紹介し、「ぶれない指導法で選手と一緒に前進していきたい」と語った。

金森氏は、若手の育成法について「根っこや幹がしっかりしていなければ、いい花は咲かない。たとえ結果が出ても長続きしない」と指摘。目先の成績よりも、正しいスイングを繰り返して身につけることが先決だとし、選手が大成するかどうかは指導者の辛抱強さにかかっていると強調した。
 
今季、千葉ロッテで金森氏の打撃理論を取り入れ、パ・リーグ首位打者を獲得した西岡剛選手が、米大リーグのミネソタ・ツインズ入りすることについて、金森氏は「トップレベルの技術や精神を吸収し、帰国後に若手に伝えてほしい」とエールを送った。

ミリオンスターズをBCリーグ初代王者に導いた金森氏は、監督を務めた3年間を「ものすごく大きな財産。野球人生の肥やしとなり、今後の土台になっていくと思う」と振り返り、セ、パ両リーグでの監督業にも意欲をのぞかせた。北陸放送の角野達洋アナウンサーが聞き手を務めた。
(2010.12.21の富山新聞より抜粋)
画像 126

富山新港に面した片口緑地公園に、高さ約15mの高純度アルミ製の新湊弁財天の像が静かに立っています。毎年4月21日に、新湊弁財天前で富山新港の開港記念日祈願祭が営まれます。


新湊弁財天がこの地に建立されたのは1986(昭和61)年。地域住民がこの弁財天を安全の心のよりどころとする根源は江戸時代にさかのぼります。


片口の郷土史によると、江戸時代、片口地区の潟周辺の水郷地域で、潟の泥を掘り上げる作業中、落命する人がたびたびありました。


このため1767(明和4)年、放生津潟の中心に、現在の高岡市太田(以前は氷見郡)から岩や石を運んで築島を設け、潟周辺の27カ村の惣社として海童社を建て、住民らは平安を祈願しました。


海童社は明治時代に少童社と改称、1967年に富山新港造成の影響により片口に移りました。その後、老朽化した社殿は撤去され、86年に現在の新湊弁財天が建立された歴史があります。


弁財天の姿は神々しく、琵琶を手に陽光を浴びてキラキラと輝く像は畏敬の念を持って見上げてしまいます。
img183.jpg

12月11日に氷見市の氷見魚市場に氷見沖や七尾沖の定置網に入った寒ブリ1231本が運ばれました。
冬に捕れる脂ののったブリを寒ブリといいます。1千本を越えたのはこの冬になつて初めてで、市場で働いている人たちは「寒ブリ漁もいよいよ本番」と活気づきました。

ブリは4~5月に九州などの海で生まれると言われています。春から夏にかけて北海道付近まで北上し、初冬から沖合を南下します。能登半島沖には初冬から真冬にかけてやってきます。ブリが一番おいしいのは卵を産む時期を前にして脂が乗る冬で、冬に捕れるブリを寒ブリといいます。

悪天候で「ブリおこし」と言われる雷が鳴って強い北西の風が吹くと、ブリは富山湾に入り、湾内の定置網にかかります。

今月1日以降、500本前後が氷見魚市場に運ばれていましたが、中心は七尾沖の定置網で捕れたもので、この日は氷見沖の定置網にも計278本が入りました。

氷見灘浦定置網漁業組合の濱本英一組合長によると、魚の群れごと網でぐるりと巻いて捕る巻き網の漁業者がこの11月以降、金沢港や七尾港に数万本のブリを水揚げしているため、定置網にかかるブリがブリが減るのではないかと心配されています。

氷見市のページ