FC2ブログ
趣味と散策

2011/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2011/07

 去る6月22日は夏至でした。
ついこの前、家の屋根の雪が1m以上も積もり『一体、どうしようか!』と嘆いていたのに、早もう夏です。年取るごとに月日の経つのが早く感じられるものですね!


今回の東日本大震災のせいで、電力不足が懸念される中で涼風グッズの売れ行きが良い、と言われますが、当店でも、今年は『風鈴』が当たり年の様です。今月6月にも、ある住宅関係の会社から、販促用にまとまった注文が数件入りました。


南部風鈴 三重奏
南部風鈴 三重奏

当店のヤフー店楽天市場店で販売させてもらっています。


南部風鈴・高岡風鈴は、殆どが手作りなので、大量生産はできません。そのために価格は、そんなには安くはないのですが、音は抜群で清涼感もあり評判も良いです。


鉄瓶や風鈴の産地である、岩手県の水沢市近郊も震災で多大な被害を受けましたが、内陸部だったために、比較的被害は少なかったらしいのですが、しかし多くの鉄瓶の型などが破壊されたそうです。そのせいで今もって製造不可能なため注文しても「あと半年かかる」と言われた品も数点あります。


風鈴はギフトや記念品やお中元にも最適です。ギフト包装無料で承っておりますので、ご採用の程、どうかよろしくお願いいたします。
 禁煙して2年半過ぎました。禁煙して良かったことは色々とあります。その一つは以前と比べて動体視力がとても良くなった事です。


私は25才の頃から、車で時速80キロ以上のスピードを出すと、景色の変化に着いていけず、よく恐怖感に襲われたものです。それが禁煙のお陰で、現在はよほどのことがない限りそのような事はありません。近視の眼も大分良くなりました。


禁煙できた一番の理由は、大きな声では言えませんが、病気になったからです。私のように「病気になってから禁煙するのではなく、その前に禁煙される事をお勧めします!」


私は20才から吸い始めて、57才まで吸っていました。マイルドセブン1日約2箱です。タバコは体に悪いと分かっていても、どうしても禁煙することができませんでした。


タバコを吸っていた頃、中学生の息子と富士山に登りました。約30人の団体でしたが、その中で70才の男性が一人参加していました。その人は2年前の65才の時に胃の病気になり、その時にタバコをやめたそうです。


私は40才後半でしたが、その70才のじいさんに着いて、富士に登る事が出来ませんでした。
70才のじいさんに登頂に負けたんです!本当に悔しく情けなかったです。


当時ニコチン中毒だった私は、登頂途中でもこっそりと何回も『一服?』しました。
最後は這いつくばってやっとの事登りました。
それも団体客の最後尾です。最後には息子に幾度も手を引っ張ってもらいました。


喫煙は肺の機能を低下させ、酸素を十分に取れない体にします。
祖父は、83才で肺気腫で亡くなりました。所謂タバコの吸い過ぎです。
祖父の兄はタバコを吸わなかったのですが、96才の長生きでした。
習慣や環境や体質によっても違うでしょうが、やはりタバコを吸うと寿命は短くなるようです。


こんなに体に悪いタバコを、どうして国が売るのでしょうか?早く販売停止にすれば良い、といつもそう思っています。


首から上の病気、特に癌(食道癌、喉頭癌、舌癌等)は喫煙が最大の原因だと言われています。肺ガンに至っては言わずもがなです。
入院中、同僚だった患者に聞いたところ、皆全員、若い頃から喫煙していました。
癌は50才代後半から顕著になるそうです。
日本人の男性は二人に一人、女性は三人に一人が何らかの癌になる素質があるそうです。


今、マイルドセブンは1箱410円です。日に2箱吸うと、月に410×2×30=24600円 かかります。


『思い立ったら吉日』とも言います。早く止めれば、早いほど体にも良いはずです。
喫煙している人には、一日でも早く禁煙されることをお勧めします。

道の駅 新湊
富山県射水市鏡宮296 TEL:0766-83-0111 FAX:0766-83-0111

 国道8号線の幹線道路沿いにあり、よく昼食を食べに行った所です。大食堂では白エビのかき揚げうどんが美味しかったです。大食堂の奧にまた別にレストランがあり、白エビ膳や新湊膳他の別メニューがあります。雰囲気も味も良く、また行きたい場所です。

レストラン

メニュー

道の駅 新湊にはその他「白エビバーガー」「白エビかき揚げ丼」「白エビソフトクリーム」も販売しています。併設の物産コーナーもあります。


白エビは今の季節、庄川の河口付近の新湊沖で、富山湾が急に深くなる所が漁場です。以前は日持ちしなかったので、ダシだけ取って身は捨てていたらしいのですが、近年の加工技術の発達で日持ちするようになった、と聞いています。


先日、家内が「白エビの押し寿司が食べたい」と言ったので、「道の駅」や「きっときと市場」を尋ねたのですが、『押し寿司』だけは売っていませんでした。新湊の街中には売っているらしいのですが、探す時間がなかったので、その日は帰宅しました。


探した所、氷見と富山でネットで売っているところがありました。
ソウザイヤタツミ 氷見市窪2050-1 TEL:0766-91-3875 FAX:0766-91-3875
鱒の寿司の寿々屋 富山市

富山県高岡市在住で、現役の教師であり写真家の桂井正樹氏の日本の四季の写真は、誰が見てもすばらしいと思います。10年以上も前から、当店のポームページで紹介させてもらっていますが、敢えてここで再度ご紹介させていただきます。


以下の写真は氷見市の虻が島付近のある朝の風景です。
http://www2.tcnet.ne.jp/czpqt-01/page_thumb128.html


桂井氏のページ『花鳥風月』の入り口です。
http://www2.tcnet.ne.jp/czpqt-01/index.html

美しい日本の四季の風景がご覧頂けます。
氷見魚市場

6月7日の朝、氷見市の氷見魚市場に、氷見沖や七尾沖の定置網に入ったホンマグロ(クロマグロ)14本が運ばれました。


氷見沖でのまとまった水揚げは今季初めてです。


マグロは60~75キロの中型が中心で、氷見漁民合同組合が7本、氷見四共漁業組合が1本を水揚げしました。七尾沖の鹿渡島定置にも6本が入りました。


市場関係者は「秋田沖で巻き網漁業者がマグロを大量に水揚げしたとの情報がある。富山湾にも群れ入ってほしい」と期待を込めています。


地物のホンマグロは、地元の料亭やホテル、民宿で利用される他、寿司店や一部スーパーにも出回りますが、天然ものの高級魚なので、かなりの量が東京の築地へ行くそうです。