FC2ブログ
趣味と散策

2014/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2014/12

ネット通販 まだまだ伸びる

経済産業省の「電子商取引に関する市場調査」によると、2013年の消費者向けネット通販の市場規模は前年度比17%増の11兆2000億円でした。旅行などのサービスの購入も含まれてきます。ネット通販の比率は3.7%です。08年の1.8%から右肩上がりで増えています。

米国をみると商務省のデータで現在ネット通販比率は約6%です。
日本の3%台は米国の07~08年の水準です。中国では日本を上回るペースでインターネット通販が拡大しています。2013年の市場規模は日本の約3倍の30兆円を超えています。通販比率も高く、今年は10%の大台に入ったと言うデータもあります。

総務省の調査で13年のネット通販の消費額の前年比伸び率を世帯主の年代別にみると、1位が50代の23%。60代の21%、70代の18%と続き、中高年の伸び率が高くなっています。車を運転して遠くの店まで買い物にいくのがつらくなる高齢者も少なくありません。地方によっては過疎化に伴い小売店が撤退し、生活必需品を買う店舗が身の回りにない「買い物難民」も生まれており、ネット通販の必要性が高まるとみられます。
弁当や健康食品の宅配など高齢者むけの品揃えに力をいれる企業も増え、ネットシフトを後押ししそうです。
神子の里
神子の里

神子原米
神子原米

神子原(みこはら)
石川県羽咋市神子原町は190 TEL:0767-26-3580 神子の里
神子の里は、氷見市と羽咋市の中間に位置する山間地の神子原にあります。

神子原(みこはら)は
以前はへき地・過疎地でしたが、羽咋市が熱心に何年もかけて、地元に光があたるように様々な施策を講じました。
この「神子の里」の建設もその施策の一つで、地元農家だけで運営しています。

神子原米は、毎年ローマ法王に献上しているので、法王米とも呼ばれています。
粘土質の山間地で作るため、神子原米は大変おいしいと評判です。また天日で乾燥する「はざかけ米」です。
収穫量は限られ、1キロ6700円と安くはありませんが、毎年すぐに売り切れます。

この神子の里では、地元で採れた野菜や産物を販売しています。
神子原米で作ったおにぎりなども販売しており、これもまた大変おいしく、すぐに売り切れになります。
一度のぞいてみてはいかがでしょうか。
大汝山休憩所
大汝休憩所

別山頂上から見た剱岳
別山頂上からの剱岳

今年の春、木村大作監督の映画「春を背負って」を観ました。
キャストも良かった。とにかく北アルプスの雄大な景色がすばらしく、大自然の大画面にはまさに圧倒されました。

それで、こ年の夏にロケ地に行ってきました。クラブツーリズムのツアーです。
名古屋発のツアーなので、残念でしたが、一旦名古屋まで行きました。

なぜツァーだったかと言いますと、多分富山県人は立山の雄山まではよく行くのですが、その隣に位置する大汝山方向へはあまり行きません。雄山にはこれまで、数度行っているのですが、大汝へは私も行ったことがありませんでした。
また登山当日までその道を知りませんでした。行けば本当に狭い道でした。
当日はベテランのガイドさんが二人着いてくれたので、参加者全員なんとか完走できました。

一泊のツァーです。
泊まりは、雄山の麓の「一の越山荘」でした。お盆頃でしたが、山上の朝夕は寒く、山荘ではストーブを焚いていました。
別山の頂上からは、剱岳がよく見えると聞いていましたが、天気もよく、まさに絶景を堪能させてもらいました。

立山の室堂までは、バスがあります。室堂からはケーブル等を利用して、黒四ダムを通り長野県側の大町まで行けます。来年2015年3月15日に北陸新幹線が金沢まで開通します。
北陸新幹線で、沢山の人がこの立山を見に来て欲しいと思います。


私なんぞこれまで「賢い生き方」とは逆の「アホな生き方」をしてきた典型だと思っています。

昔、京都の大学(一応理系)を出て、都会で就職し約3年努めて、故郷氷見に戻り、家業の金物店を継ぎました。
店を継いだ時はバブル期前で、当時はたとえどんな職業に就いてもそこそこ頑張ればなんとか食えた時代でした。

私は金物店として、農家に必要な、上質な「鍬」と「鎌」を商えばなんとかなる、と甘い期待をもっていました。
正直を心がけ「頭を低く」「薄利多売」で頑張ったつもりです。
しかし、当時は商売は未熟だし、また商売や人生や人を少しあまく見ていたようです。
駆け引きも知らず、あまりにバカ正直だったと思います。
何回も痛い眼に逢い、多少気が付くには、長い時間とそれ相応の代償が必要でした。

笑ってください。それでこのありさまです。

上質な「鍬」と「鎌」は時代の流れもあり、今では大半が機械化されて、以前と比べるとあまり売れなくなりました。
また山間地や森林は、昔ほど手入れされていなく、鎌もあまり必要ではありません。
そのために、日本全国で熊やイノシシなどの野生動物が増えてしまっています。

気がつけばホームセンターの時代です。メーカーや問屋さんにも金物店をバカにするところがかなりあります。
この事は、私自身の若い頃の『マーケティング』がいかにいい加減だったをも証明しています。
昔も今も、鍬や鎌のマーケットは、一体どのくらいあるのでしょうか。
全て自分自身が甘かったのです。

商売とはちょっと違いますが、
以前から思っていることは、『5万円以上の増改築やリフォーム工事は必ず相見積もり』を取るべきだという事です。
相見積もりを取ると、必ず業者は嫌がります。(分からないように、取るべき)どうか当社(当店)を信用してくれ、と。
しかし、ワキがあまいと、後で必ず何らかのトラブルが待っています。
以前から付き合いのある、よほど信用できる業者ならいざ知らず、一般的にはやはり相見積もりは取るべきだと思います。

弁護士から聞いたのですが、近年「相続のトラブル」が本当に増えているそうです。
親が亡くなって、自分が相続する番になって、はじめて兄弟の真逆と思うようなびっくりするような気持ちや思いを知らされる人は結構多いと思います。心情的にはつらくても、親の生きているうちに最低限、遺言状は書いて貰っておきましょう。
(友人に税理士もいますが、やはり近年相続のトラブルが増えているそうです。)

なんだかんだと言ってはみても、この三十数年やはり私は金物販売で食わせてもらっています。
それには心から感謝しています。また今、私は幸せだと思っています。
現在では店の売上げの大半はネットからですが、その中の金物の比率はかなり大です。

どうか誤解の無きよう、お願いいたします。

田野原から

下山途中

亡くなられた方々に心から哀悼の意を表します 合掌
 
今となっては、大変な事態になってしまった御嶽山なのですが、私は昨年の6月30日と今年7月1日に御嶽山に登りました。御嶽山は立山や穂高岳のような連山ではなく、独立峰としては富士山と同様とても好感が持てて登り易く、また登って充実感のある山です。

あの日2014年9月27日の土曜日の午前11時52分頃は最も登山者の多い時間帯です。
また秋の紅葉の真っ最中で、天気も良かったし普段よりも登山客も多かったと推察します。

不意を食らった事と真逆という気持ちも一緒になり、同時に空から高速で無数に降ってきた大小の火山弾の雨の中、空は瞬時に真っ暗になり雷鳴も鳴り響き、びっくり仰天して、中々逃げ切れなかったのだろうかと推測します。
一般には登山者は頂上付近に着いた頃は、体も相当衰弱して、また酸素も薄いので思うように体が動きません。
逃げ切れた人々は本当に幸いだったと思います。

田野原の登山口には、いつも登山届けを入れるポストがあり紙とボールペンが置いてあります。
しかしこれまでは、強制ではなかったので、多分希望者だけの登録で、全員は届けてはいませんでした。
今後、登山届けは必須の義務になるのは当然でしょう。

今年の7月1日の登頂後、昼過ぎて剣が峰から下りてくると、右側の地獄谷からは不気味に幾筋かの蒸気があがっていました。昨年もあがっていました。7年前にも、かなりの爆発があったとの事だし、先の爆発の約1ケ月前頃から、体に感じない微動が頻発していたとの事でした。それ故に登山時の「注意喚起」ぐらいはしてほしかったと思います。

私はある意味で、行政の怠慢は少しはあったのかも知れない、との思いを持たざるを得ません。