趣味と散策

2018/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018/07

癌は手遅れにならなければ、治る病だと聞いています。
現在ではセカンドオピニオンもあります。(今後の有望な治療方法だそうです。NHKでも放送していました。)
また放射線治療や抗ガン剤も日々進歩しています。


私の治療も中原氏と同じ超選択的動注化学・放射線併用療法でした。
この治療方法は、かなりの高額な医療設備が必要と思われますので、万が一の場合、そこで可能なのかどうか、医師に尋ねられられる事をお勧めします。私の場合はすべての治療は保険適用だったので本当に助かりました。


放射線治療は治療後に味覚が変化(口の中が酸っぱくなります。年月が経てば除除によくなります)したり、唾液が出にくくなったり、また呼吸しにくくなったりする副作用の出る場合があります。私もそうで後遺症は今でも少しあります。しかし徐々に馴れて日々良くなっているように感じています。


また抗ガン剤治療では、食欲減退・抜け毛・目眩等の副作用がでる場合があると聞きています。
副作用は人によって違うので、一概にも言えないとの事です。
医師は患者さんと相談して、その人に合った治療方法を決めるようです。


私の治療は放射線照射治療36回(一週間に5回、一回約1分)、抗ガン剤の服用(朝晩2回の服用、2週続けて1週休みの繰り返し)、動注治療は4回(1週間ごと)でした。その間もペットや血液検査他色々とありました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック