FC2ブログ
趣味と散策

2018/11 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2019/01

T20110108203.jpg
 氷見市の氷見魚市場に7日、氷見、七尾沖の定置網に入った寒ブリ5834本が運び込まれた。市によると、1日の水揚げでは記録が残る1998年度以降で最多となる。
 寒ブリは、氷見沖の灘浦定置漁業組合が1480本、七尾沖の佐々波鰤(ぶり)網が2144本、岸端定置網組合が1322本を水揚げした。ほかの氷見、七尾沖の定置網にも寒ブリが掛かり、氷見魚市場では正午近くまで競りが続いた。

 市によると、1日の水揚げは、98年度以降では08年12月28日の5384本が最多で、この日は記録を450本上回った。

 灘浦定置漁業組合の元英一組合長は「6日の寒波で新しいブリの群れが定置網に入ったようだ」と話した。
(富山新聞提供)

1月8日昼過ぎに近所のスーパーに行きました。これまでは地元氷見の人間でもブリは高価でなかなか買えません。地元でとれた魚でも殆どが高級料亭か民宿かあるいは大都会へいってしまいます。
しかし今日はさすがに手頃な価格でさしみや切れ身を提供していたので、わずかですがつい買ってしまいました。

新しい年が明けて日本の株価も上がっています。
氷見のブリ漁も今年はさい先よくこのところ大漁続きです。
ついでに景気もよくなって、これまではあまり回ってこなかった私達の懐にもお金が回ってきてほしいものです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック