FC2ブログ
趣味と散策

2018/08 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018/10

 1995年にパソコンのソフト、ウインドウズ95がマイクロソフト社から発売されました。
その後、社会では大きな変化がおきました。「インターネットとパソコンの時代」の到来です。


 古来『情報・通信・輸送の三つの手段』を支配した者が、その時代の主役に躍りでたのではないかと言われています。ネット以前は、私たち商人は「ご用聞き」をして、受けた注文の品を「配達」し、また後から「手書きの請求書」を配って、また後日に再度「集金」に行くのが当たり前の時代でした。
現在では、このような方法は時代遅れなのではないでしょうか?


利幅はない、金額も少ない。で安くしろ!在庫しろ!配達しろ!ツケしろ!バラして売れ、では店は到底やって行くことが出来ません。


以前、お客様の中に「俺は職人だから10円の商品でも卸価格で配達しろ、あとで集金に来い!」などと言われた方もおられました。そのくせ、まとまった商品はいつも他市の他店から購入されていました。また集金日なのに、何度出向いても、集金させて貰えなかった事もよくありました。


店は、在庫負担や諸経費の負担で万年赤字、気の弱い私はストレスから深酒するわ、親兄弟からは「放漫経営だ」と非難されるわ、働けば働くほど店の負債が増えていく負の連鎖の泥沼から、中々脱出することができませんでした。そして気がつけば、郊外には『ツケはしない、配達はしない、集金はしない、お茶は出さない、お愛想は言わない』大型店が、狭くて人口も少ない、この小さな氷見にいくつも出店していました。


ネット時代となり、我々小規模な零細事業者にも僅かなチャンスが与えられたように思います。
ネット販売(ケータイを含む)です。
しかし、与えられた時間の中で、早く次ぎの一手を打たなければ、また時代に置いてきぼりにされるは明らかです。そう考えると、今ある時間をどう使うか?が非常に重要になってきます。


ある人は『ビジネスはお金と時間の投資』だと言っています。
よく考えてみると、確かにそうです。
誰もボランティアで商売しませんし、各自、今あるお金と与えられた時間をどう使って、上手く利益を出し、事業を発展させるか?が問われているんだと思います。


個人的にはウインドウズ以前と比べると、現在の方がビジネスはよりやり易くなっているように思います。
しかし変化も速いので、付いて行くのも大変な時代になったと感じています。


先日、久々に当店のネットを観られて、わざわざ店に「ポスト口」を買いに来られた、若い男性のお客様がありました。聞けば同じ校下の人でした。この時節にどうもありがとうございました。『感謝!感謝!』

ポスト口のページ
ポスト口
日曜大工で、ゆっくりと一人で取付けるそうです。


家内は「ホームセンターは年配のお客が多く、若い人はネットで買い物をされるのでは?」と言っていました。
ネット販売を継続するには、やはり問屋さんやメーカーさんの力添え・助けがどうしても必要になります。


鉄製の重いグレーチングや、長尺のアルミはしご等は、お客様の玄関先まで配達しますので、お客様にとっても大変に便利だと思います。納期も短く地域・場所にもよりますが、土日祝日を挟まなければ、午前中のご注文なら、翌日配達も可能です。新品でしかも価格的にも非常に割安にさせてもらっています。


最近では、先の「東日本大震災」のせいなのか、「非常用持ち出し袋」や「緊急避難セット」がよく売れています。
非常持ち出しセット(C)16点

当店を、どうかよろしくお願いいたします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック