FC2ブログ
趣味と散策

2018/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2018/11

 禁煙して2年半過ぎました。禁煙して良かったことは色々とあります。その一つは以前と比べて動体視力がとても良くなった事です。


私は25才の頃から、車で時速80キロ以上のスピードを出すと、景色の変化に着いていけず、よく恐怖感に襲われたものです。それが禁煙のお陰で、現在はよほどのことがない限りそのような事はありません。近視の眼も大分良くなりました。


禁煙できた一番の理由は、大きな声では言えませんが、病気になったからです。私のように「病気になってから禁煙するのではなく、その前に禁煙される事をお勧めします!」


私は20才から吸い始めて、57才まで吸っていました。マイルドセブン1日約2箱です。タバコは体に悪いと分かっていても、どうしても禁煙することができませんでした。


タバコを吸っていた頃、中学生の息子と富士山に登りました。約30人の団体でしたが、その中で70才の男性が一人参加していました。その人は2年前の65才の時に胃の病気になり、その時にタバコをやめたそうです。


私は40才後半でしたが、その70才のじいさんに着いて、富士に登る事が出来ませんでした。
70才のじいさんに登頂に負けたんです!本当に悔しく情けなかったです。


当時ニコチン中毒だった私は、登頂途中でもこっそりと何回も『一服?』しました。
最後は這いつくばってやっとの事登りました。
それも団体客の最後尾です。最後には息子に幾度も手を引っ張ってもらいました。


喫煙は肺の機能を低下させ、酸素を十分に取れない体にします。
祖父は、83才で肺気腫で亡くなりました。所謂タバコの吸い過ぎです。
祖父の兄はタバコを吸わなかったのですが、96才の長生きでした。
習慣や環境や体質によっても違うでしょうが、やはりタバコを吸うと寿命は短くなるようです。


こんなに体に悪いタバコを、どうして国が売るのでしょうか?早く販売停止にすれば良い、といつもそう思っています。


首から上の病気、特に癌(食道癌、喉頭癌、舌癌等)は喫煙が最大の原因だと言われています。肺ガンに至っては言わずもがなです。
入院中、同僚だった患者に聞いたところ、皆全員、若い頃から喫煙していました。
癌は50才代後半から顕著になるそうです。
日本人の男性は二人に一人、女性は三人に一人が何らかの癌になる素質があるそうです。


今、マイルドセブンは1箱410円です。日に2箱吸うと、月に410×2×30=24600円 かかります。


『思い立ったら吉日』とも言います。早く止めれば、早いほど体にも良いはずです。
喫煙している人には、一日でも早く禁煙されることをお勧めします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック