趣味と散策

2018/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2018/08

猿倉荘
2015年8月8日 朝2時頃に一人でマイカーで氷見の自宅を出発。白馬の二股臨時駐車場にマイカーを止めて、その後タクシーを利用し、同6時頃に登山口の猿倉に到着しました。
すでに猿倉は登山客で一杯でした。ここで登山届けを出して、6時15分頃、いよいよ今日の夕刻までの到着を期して、白馬岳へ向けて出発です。初めての山なので、お連さんが大勢いれば道に迷う事もないだろう、と思い、シーズン真っ盛りのこの時期を選んだのです。
また最近はこの8月に入ってからも、ずっと晴天が続いているので、今だと思いました。
ゆったりとした山道を越えて、同7時40分頃に白馬尻小屋に到着。白馬尻小屋には、水やトイレがあります。
いよいよここから日本三大雪渓の一つ、白馬大雪渓に挑戦です。

8月8日/白馬岳 011
ここで一休みして、アイゼンを装着し、同8時30分頃に出発。アイゼンは猿倉荘でも借りられるので、一記しておきます。
シーズン中だったので、下から長い行列をなしていました。ベンガラで赤い筋がひかれているので、そちらを歩くようにしましょう。
また午後2時以降は大雪渓から白馬岳への入山が禁止されているので注意。雪上の落石は音をたてずに転がるので、視界が悪い時はとくに注意しましょう。
大雪渓の終点近くになると、今でも上方から時折サラサラーといった音で、大小の石が落ちているので、やはり注意が必要です。
11時30分を過ぎてやっとの事で、大雪渓を抜け出しましたが、予定より30分以上オーバーしていました。

8月8日/白馬岳 015
12時頃大雪渓を通過し、頂上宿舎を目指しました。
私は大雪渓の通過に、かなりのエネルギーを費やして、バテてしまって、この後の登山は大変過酷なものでした。
当日は晴天で、直射日光も容赦なく注ぎました。普通は遅くとも午後3時頃までは山小屋に着いていなければならないのに、午後
3時頃は、行程の半分ちょっとしか来ていないようでした。
午後4時頃に頂上宿舎の屋根が見えましたが、当日の最終目的地の白馬山荘にはやっと午後5時過ぎに着きました。
普通の人だと、登り坂ですが、多分2時間30ちょっとの距離だろうと思います。
白馬山荘に着いた時は、30分ほどは普通に話すことはできませんでした。(普段から練習せずに、いきなり本番に入ったからかも知れません)

8月8日/白馬岳 017
8月8日午後6時50分 写真は白馬山荘です。やっと一息できました。皆さん、夕日や景色を眺めています。
これから夕食です。この山荘は最大1000人も宿泊できるらしく、まさに今シーズン真っ盛りというところでした。
私の泊まった部屋もほぼ満員でした。足や背中が痛くて中々寝付かれず、明日からの行程も心配です。
自動販売器で、缶ビールの小は600円、大は800円。喫茶部では生ビール中で一杯500円でした。

8月8日/白馬岳 040
8月9日の白馬山頂からの、ご来光です。午前5時頃です。太陽のまわりに雲がかかっているのが、ちょっと残念です。
5時45分頃に食事をして、いざ鑓温泉に向けて出発です。

8月8日/白馬岳 055
6時15分頃に白馬山荘を出発、白馬岳と白馬山荘を後にしました。現在7時14分。本日も晴天で、また暑くなりそうです。
今日は昨日とは違い、下り坂が多いだろう、と気持ちはやや軽くなっています。

8月8日/白馬岳 059
これから超ようとする杓子岳です。私は中腹の道を行きます。上級者は稜線の道を行きます。あるところで交差します。

8月8日/白馬岳 064
鑓ヶ岳山頂から見た、杓子岳です。

8月8日/白馬岳 063
白馬鑓ヶ岳山頂です。白馬杓子岳をおりると、小鑓ケ岳があるのですが、以外とすんなりと登ることができました。

8月8日/白馬岳 067
まっすぐ行けば天狗山荘ですが、鑓温泉は左に曲がります。この後は殆ど下り坂です。

8月8日/白馬岳 069
午後1時頃に鑓温泉に到着しました。途中に2ケ所ほど鎖場がありましたが、慎重に通過すればたいした事はありません。
温泉は自然に湧き出しているらしく、計2回入りました。この二日間の疲れも取れたような気がしました。
大きな温泉ではありませんでしたが、夕食後は大抵の人は寝るだけで、口数も少なかった。皆さん上の方から来たらしく、お疲れの様子でした。

8月8日/白馬岳 097
いよいよ最終日、8月10日。朝食をすまして、6時15分頃に一路最初来た猿倉を目指して出発。

8月8日/白馬岳 112
朝11時前に猿倉に到着。4時間30分ほどかかりましたが、無事に帰ってきました。なによりです。
途中、無性にソフトクリームとアイスコーヒーが欲しくなりました。行きも帰りも大勢の人に追い越されましたが、若くもない自分は来れるだけで上等。感謝 感謝。

8月8日/白馬岳 107
8月8日/白馬岳 108
8月8日/白馬岳 104
8月8日/白馬岳 103
高山植物も結構咲いていましたが、行きは写真どころではありませんでした。登るのに必死でした。
帰りは多少余裕がでて、数点写真に収めました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック