趣味と散策

2018/05 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018/07

栄治さんの左が叔父の開発清さん
1987年、栄治氏(中央)と彼の叔父(開発清氏・写真左)さん

写真左の人は栄治氏の母の弟で、今は亡き開発清さんです。
清さんは叔父として栄治氏が幼い頃から、勉強にも野球にも徹底して「褒めて自信を持たせる」式の教育をされました。


まだ幼かった負けず嫌いの栄治氏もよく叔父に着いていきました。
清氏は練習を終えると、最後に必ず栄治氏に「よく頑張ったね!」と言っておられました。


次に、今日の反省と次の課題を栄治氏に与えていました。
清氏は栄治氏の幼い時から、ある種の天才教育をされたんだと思います。
それで小学校に上がる頃には栄治氏は、すでに『野球の道へ進もう』と決心されていたんだと思います。
成功の影にこの人有りです。


栄治氏の両親は、栄治氏が幼稚園へ入る頃に、氷見から金沢に移りました。
その後は、地元金沢の小学校、中学は大阪のPL中学、PL学園高校でした。


高校3年の夏の甲子園に、栄治氏のPLもこの時の大会に出場しました。
3年生の栄治氏はセカンドでした。PLは、その時後にプロの中日になったピッチャー土屋がいた銚子商業に、第一回戦で完封負けをしました。その試合のPLのヒットは栄治氏の2塁打1本だけでした。


栄治氏は、今でも野球の道におられますが、これは私達親戚の者にとっては本当に嬉しい事です。
父の良三氏は若い頃から根っからの野球好きで、それはもう「気違い」と言われた程でした。
金沢駅前再開発で道路拡張工事の為に立ち退きましたが、栄治氏の家は元は金沢駅近くの金物店でした。


良三氏は、長年金沢駅前で金物店を営んでおられましたが、嘘のつけない駆け引きのない正直者でした。暇な時はいつも「野球と息子の話」をしておられました。自分には厳しく人には優しい気の良い人でした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック