趣味と散策

2018/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2018/06

昨年の9月以来の、久々の投稿です。
月日の経つのは本当に早いもので、富大病院から退院してから、あっと言う間のこの
10年でした。個人的には、あの病気はやはり以前に、自分では消化しきれないある
精神的ダメージを受けて、体が避けきれなくて、あのようなカタチになって顕れたのだと
思っています。そうでなければ自分自信に原因ある、何かの因果・因果応報だったの
だろうと思っています。しかしお陰様で、退院後はずっと健康だし、今となっては大変
良かったと思っています。


退院後は、休憩も兼ねて以前には行けなかった山に登ったり、仕事を兼ねて東北や
四国など、マイカーや団体旅行等でも色々と行きました。今ではもう居ない、横浜の
『おば』にも会うことができました。
65才を過ぎると、それまで都会で働いていた友人が富山の田舎に帰ってくることが
ありました。友人だけ帰ってきて、妻や子は未だに都会に残している場合もありました。


当店のある氷見市本町通りは、昔は氷見一番の繁華街でした。
ところが今では、開けている店も10軒に3軒ぐらいで、ほとんどが所謂「しもた屋」です。
時代の流れと言えばそうでしょうが、本当に寂しい限りです。
今は、街にはコンビニ、郊外にはホームセンターやスーパーが乱立しています。
今も昔も、この日本は氷見でもどこでも、所謂車社会なのです。
車社会なのに、駐車場がないのが、おかしいのです。
分かる人は、最初からどうなるのか、分かっていたのです。


今となっては、どうする事もできないのでしょうか。
人生には限りがあります。ほどほどの長さだからまた良いのでしょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック